MENU
[快便クラブ] 便秘解消! ダイエット! 老化防止! 解毒! 快便への改善情報!! TOP  >  便秘の理由  >  便秘薬への警告「便秘を治す腸活テクニック」より

便秘薬への警告「便秘を治す腸活テクニック」より

「便秘を治す腸活テクニック」という、素晴らしい本を読みました。瓜田純久医師の著作で、長年の医療現場で患者さんと向かい合い、アドバイスしてきた内容が、一冊の本になっています。今回はこの本の、便秘薬への注意喚起の文章を紹介いたします。「下剤の乱用が慢性便秘の隠れた犯人」の章からの抜粋です。

テレビCMをしている、有名な市販の便秘薬があります。この薬が1年間にどのくらい
販売されているかを調べたことがあるのですが、なんと推計5億錠! 便秘薬すべての
合計ではなく、1種類の市販薬のみの数ですから、これには驚きました
(P166)

1種類の市販薬のみの数で5億錠ですので、便秘薬や下剤に依存している人が多い事を示唆しています。医師として心配している様子がありありと感じられます。

下剤の常用が、実は便秘を深刻化・慢性化させる元凶となっているケースが
意外に
多いのです。」(P167)

「寝たきりになって体を動かさずにいると、筋肉が衰えてしまい、うまく動かせなくなる
ことを「廃用性萎縮」と言います。腸の働きも同様で、使われないと衰えていきます。
排便にはおなかの筋肉や肛門周囲の筋肉もかかわりますが、下剤を常用していると、
これらの筋肉も衰えて、自然な排便を体がどんどん忘れていきます。こうして結果的に、
便秘が慢性化・深刻化する悪循環に陥っていくのです。
(P172)

私も便秘薬を毎日のように飲んでいた時期があります。徐々に便秘薬を飲まないといられなくなり、量はいつのまにか増えていきました。まるで麻薬のようでした。(参考記事)麻薬と違って、誰でも簡単に買えます。短期間のつもりが次第に手放せなくなります。次のような使用上のルールを提案しています。

●便通がなくて苦しいときに限って使う
(=毎日は使わないようにします。)
●所定の用法、用量を守る
●なるべく膨張性下剤や塩類下剤を選ぶ
(=市販されている下剤の大半は、大腸刺激性という種類に分類されるものです。
この下剤よりは、腸の中で水分を吸収して便のかさをふやし、軟らかくするタイプの
「膨張性下剤」や、酸化マグネシウムなどの「塩類下剤」のほうが習慣性もなく、
作用が穏やかでお勧めです。ただし、膨張性下剤は通常、単独の薬としては
市販されていません。病院で処方してもらってください。

●下剤で便を出したあとは、食生活や運動などの生活習慣に気をつける(P172)

便秘薬や下剤は諸々の問題がありますが、その必要性は疑いの無いものです。そして、32年ぶりに発売された便秘薬の話に入ります。

ルビプロストンは小腸に作用する薬です。小腸粘膜の上皮細胞には、塩素イオン
チャネルと呼ばれる、腸液の分泌にかかわる受容体が存在します。ルビプロストンは
この受容体に作用して、小腸内への水分の分泌を促進します。いわば、水分の
出入り囗を広げてあげる作用があるわけです。このほうが自然な便に近くなり、
副作用で下痢になることが少なくなります。(
P179)

注意点の記述は以下です。

ルビプロストンは妊婦や妊娠の可能性がある場合、ガンやヘルニアなどで腸閉塞
(腸の出口がふさがる病気)がある場合には使えませんが、それ以外のかたで
あれば長期投与も認められています。
(P179)

ルビプロストンは従来の下剤と比較すれば副作用の少ない薬ですが、それでも
下痢が起こることはあります。また、腸管内に一時的に水分が多く分泌されて
内容量が増加するため、吐き気を隹すことがあります。そして、用法は「食後に服用」
となっているのですが、下剤を常用してきた患者さんの中には「夜、就寝前に
薬を飲み、朝に出る」パターンが習慣になっていて、用法を誤る人がいます。
これには注意が必要です。
(P181)

そして、次のように付け加えています。

最終的な目標は、刺激性下剤だけでなくルビプロストン含め「すべての薬なしで」
自然に排便できるようになることです。
(P181)

市販の下剤を何力月も継続的に、用量を超えて服用しているというかたは、
どうか早めに医療機関を受診してください
(P182)

副作用が少ない薬であっても、依存しすぎる事は、残念な結果と後悔へと必ずつながります。医療機関に相談する一つの目安として、一週間に一度しか出ない便秘であるならば、専門医を訪ねる必要があると考えています。

非常に重要な内容を正確に伝えるために、抜粋が多くなってしましました。この「便秘を治す腸活テクニック」の本は、更に実際的なアドバイスにあふれています。ぜひ一度手にとってみてください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
便秘が解消し、快便に改善するための、快便太郎の体験的記事です。あなたの腸と健康のためにお読み頂けると有難いです。

便秘解消、気分上昇、快便スッキリ、心爽快

便秘と鬱、快便ハイ、腸と気分(心)の深すぎる関係

快便は最高の解毒、心と体の解毒(デトックス)です。

便意のある便秘、便意の無い便秘、便秘と便意の微妙な関係

便秘も下痢も解決!!ベストな腸を作るベストな方法

便秘の深い原因は、「大便」を無視したい心理だった

便秘解消のベスト商品一覧。当サイトのおすすめです

便秘解消の救世主「カイテキオリゴ」が我が家にきました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
便秘解消と快便に改善するために、快便太郎が選びに選んだ二つの製品です。あなたの腸と健康のためにお読み頂けると有難いです。


私を便秘解消に導いてくれたカイテキオリゴです。お困りの方は一度お試し下さい、おすすめです。

乳酸菌(ec-12) トライアル
ヨーグルト100個分、一兆個の乳酸菌"EC-12"で、腸は甦ります!

同じカテゴリー「便秘の理由」の一覧

IMGP3242_edited-1

おなかの冷えは便秘の元。腹巻きが必需アイテムです。

八月の終わりに、久々に一日便秘をしました。夏の終わりに、続いていた猛暑が一服して、台風の影響で、冷え込んだ夜になり、その影響でお腹が冷えてしまし、便秘になったようです。

記事の続きを読む
a0960_006383

便秘と夜勤、そして、海外との時差

私達の腸を含む内臓は、数億年の時を経て、少しずつ変化と進化を経てきましたが、時差と夜勤のダブルパンチを受けるのは、地球の生命で初めての事です、きっと!胃腸も始めての体験ですので、そのストレスは並大抵ではないと思います。

記事の続きを読む
GAK75_minitomato500

毎朝自分のウンチを観察して便秘解消&快便に改善。洞察力もついたかも

体の外に出たウンチも汚いけど、体の中にあるウンチも同様に汚いし、その汚いウンチを体内に抱えていれば、色々な健康障害が出るのは当然です。健康を維持するために、毎日排出する仕組みが体に備わっている訳です。この仕組みができるまでの年月は、数億年と言われています。

記事の続きを読む
a0070_000047

便意とS状結腸

腸の調子良くなってくると、S状結腸からの小さなサイン、小さな便意は毎朝必ず訪れます。朝食後ほどなくです。毎朝ですからほぼ確実に快便です。色も形もバッチリです。快便生活の始まりです。

記事の続きを読む
a1200_000086

本屋での便意、何故本屋?

大小便を肥料にして木は大きくなり、伐採されて、パルプになり、本になります。自然界の循環の中で大小便も本も存在します。そんな本が多く陳列している本屋さんに行くと、体と心は自然界の循環を感じるのではないでしょうか?

記事の続きを読む

人気記事ランキング

快便太郎のプロフィール

「快便クラブ」の快便太郎です。以前は便秘太郎でした。徹底的に情報を集めて、今では日々快便となることができました。快便になると、スタミナがつき、風邪をひかなくなり、日々爽快な気分になりました。そんな私の便秘解消&快腸快便ノウハウをご紹介します。

プロフィールの続きを読む

Copyright© 2018 [快便クラブ] 便秘解消! ダイエット! 老化防止! 解毒! 快便への改善情報!!

ページトップ