MENU

便秘解消&快便に改善の読書「解毒力を高める食べ方」(4/4)

この記事は、[便秘解消&快便に改善の読書「解毒力を高める食べ方」(3/4)]の続きです。

運動よりも便秘解消

適度な運動は代謝を高めるために必要なことではありますが、毒素を排出するという点では、「腸内に便や老廃物をためない」ことのほうがじつはずっと大事なことなのです。もちろん、便がおなか(腸)に何日もたまっているような便秘状態が続けば、それは免疫機能にも悪影響を及ぼします。あまり自覚していない人が多いのでしょうが、便秘はただ不快なだけでなく、体に備わった防御機能を低下させることにもつながるのです。こうして考えていけば、免疫力と解毒力が表裏一体の関係にあり、しかも腸の働きと深く関わっていることがわかるでしょう。(P44)

肉食が元気を奪う?

日本人はとても優れた「植物食民族」だったのです。おそらく、江戸時代の人たちは現代人よりもずっときれいな腸相をしていたでしょう。一般的には、「肉類を摂ったほうがスタミナがつく」「元気になれる」と考えられているようですが、過去四〇年の臨床経験から見えてくるのは、これとはまったく逆の現実です。肉類を摂れば摂るほど腸の負担は増し、腸相も悪化する。その結果、スタミナも低下し、元気は奪われる。(P57)

ガン、食事、腸、免疫力

これだけ医学が発達しながらなぜガンが年々増えているのか? なぜ減らすことができないでいるのか?なにしろ、国民の三人に一人はガンで亡くなっているのです。この現実を不思議に思った事はありませんか? ここまでの私の話をふまえれば、その原因に食べ物と腸の関係があることはおわかりになるでしょう。食べ物の影響は、それだけ大きなものなのです。(P58)
「何を食べればいいか?」を問うことなしに、あなたの体を守ってくれる免疫力も解毒力も高めることなどできません。もちろん、細胞の働きを元気にすることもできないでしょう。(P59)

まず「出す」が重要

腸にたまった便をしっかり出さなければ、代謝が滞って、体に必要な栄養素を十分に取り込むことはできません。腸にたまった不要な老廃物や毒素などを取り除くことも難しいでしょう。こうして見ていけば、まず出すことが重要であり、うまく出せているからこそしつかりと入れることができる。この出し入れの関係の中に健康の秘密が隠されていることが見えてくるはずです。(P119)

自律神経には早寝早起き

心がけてほしいのは、早寝早起きの習慣をつけることです。理想を言えば夜のI〇時台に床に入り、朝は五~六時台には起床する。こうした習慣を守るようにしていくと、自律神経の働きが安定し始め、腸の働きにも好影響が及ぶようになります。自律神経は、活動時に働く交感神経と休息時に働く副交感神経に分けられますが、食事を摂ると気持ちがリラックスするように、消化管の働きについてはすべて副交感神経が関わっています。夜は本来ならば副交感神経が優位になるはずの時間帯ですから、夜更かしぽかりするような生活を続けていれば、自律神経が乱れて、腸の働きが低下してしまうのも当然でしょう。そうなれば、腸のデトックスもうまく進まなくなります。(P141)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
便秘が解消し、快便に改善するための、快便太郎の体験的記事です。あなたの腸と健康のためにお読み頂けると有難いです。

便秘解消、気分上昇、快便スッキリ、心爽快

便秘と鬱、快便ハイ、腸と気分(心)の深すぎる関係

快便は最高の解毒、心と体の解毒(デトックス)です。

便意のある便秘、便意の無い便秘、便秘と便意の微妙な関係

便秘も下痢も解決!!ベストな腸を作るベストな方法

便秘の深い原因は、「大便」を無視したい心理だった

便秘解消のベスト商品一覧。当サイトのおすすめです

便秘解消の救世主「カイテキオリゴ」が我が家にきました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
便秘解消と快便に改善するために、快便太郎が選びに選んだ二つの製品です。あなたの腸と健康のためにお読み頂けると有難いです。


私を便秘解消に導いてくれたカイテキオリゴです。お困りの方は一度お試し下さい、おすすめです。

乳酸菌(ec-12) トライアル
ヨーグルト100個分、一兆個の乳酸菌"EC-12"で、腸は甦ります!

同じカテゴリー「便秘解消&快便に改善する本など」の一覧

ELL89_momijinotex1322500

便秘解消&快便に改善の読書「腸内細菌と共に生きる」(8/8)

日本人に多発してきた花粉症やアトピー性皮膚炎、気管支喘息などのアレルギー性疾患や2000年頃から急増したうつ病などの病気も、この日本の「無菌化」と密接な関係を持っていたのです。

記事の続きを読む
a0960_005353

便秘解消&快便に改善の読書「腸内細菌と共に生きる」(6/8)

他人の便から抽出した腸内細菌を患者さんのお腹に入れ、腸内細菌の数やバランスを一気に変えてしまう治療法。この方法で痩せた人の腸内細菌を入れると太った人でも痩せはじめる・・・・

記事の続きを読む
a0960_006194

便秘解消&快便に改善の読書「腸内細菌と共に生きる」(7/8)

面倒見の良い母親に育てられた子ネズミは、そうでない子ネズミに比べて優しく、母親になっても面倒見が良いことなどもわかっています。愛情や慈しみ、あるいは、もう少し広い意味で捉えた「愛を育む環境」が、遺伝子の発現に影響を及ぼしているということでしょう。

記事の続きを読む
a1180_016613

便秘解消&快便に改善の読書「腸内細菌と共に生きる」(5/8)

「賢さ」は、生まれた初期の段階に腸内に褄む細菌である程度きまってしまいます。免疫や健康だけでなく頭の良さも、菌との共生がカギを握っているのです。日常で土壌菌などとふれあうことで、自然と脳も発育していくのです。

記事の続きを読む
a0960_005248

便秘解消&快便に改善の読書「腸内細菌と共に生きる」(4/8)

地球上に生命体が誕生して約38億年。人類の誕生から600~700万年。これに対し、近代医学が興り、抗生物質やワクチンが使われるようになったのは、たかだかこの100年ほどのことです。

記事の続きを読む

人気記事ランキング

快便太郎のプロフィール

「快便クラブ」の快便太郎です。以前は便秘太郎でした。徹底的に情報を集めて、今では日々快便となることができました。快便になると、スタミナがつき、風邪をひかなくなり、日々爽快な気分になりました。そんな私の便秘解消&快腸快便ノウハウをご紹介します。

プロフィールの続きを読む

Copyright© 2018 [快便クラブ] 便秘解消! ダイエット! 老化防止! 解毒! 快便への改善情報!!

ページトップ