MENU
[快便クラブ] 便秘解消! ダイエット! 老化防止! 解毒! 快便への改善情報!! TOP  >  便秘解消&快便に改善する本など  >  便秘解消&快便に改善の読書「人生を決めるのは脳が1割、腸が9割!」(4/6)

便秘解消&快便に改善の読書「人生を決めるのは脳が1割、腸が9割!」(4/6)

この記事は「便秘解消&快便に改善の読書「人生を決めるのは脳が1割、腸が9割!」(3/6)」からの続きです。今回は心に効く「腸と自律神経」です。心に不安を抱える方は必読です。

笑う門には福来る

副交感神経の働きを高めるために心がけてほしい、とても簡単な方法が、「笑顔を作る」ということです。真面目な人は笑うことが苦手かもしれませんが、無理に大笑いしたりせず、ほんの少し微笑むだけでも可。口角を「ニッー」と上げるだけでも副交感神経の活動が活発化することが私たちの研究でも明らかになっているのです。副交感神経が活性化するということは、体を守っている白血球のうち、リンパ球の活性が上がり、免疫力が高まることを意味します。リンパ球のなかには、ガン細胞を攻撃するNK細胞も含まれていますから、場合によっては、笑うことがガンの治癒につながるかもしれません。(P112)
笑顔を作ること------これも自律神経のバランスを整える立派な運動なのです。(P113)

腸は心の源流

心(感情)は脳が生み出したものだと思っている人が多いかもしれませんが、心と密接に関わり合っているのは、実は腸のほうなのです。「心とは何か?」という定義の仕方はともかく、メンタルの低下を引き起こすプロセスは、頭のなかだけで起こっているものではありません。むしろ、カギを握るのは腸だと考えてください。詳しくは次章で考えていきたいと思いますが、生物の進化をふまえた場合、心の源流は脳ではなく腸にあるといえるのです。実際、「むくみ腸」が改善していくことで実感できるのが、感情の変化です。ただ単に体調がよくなるだけでなく、イライラが減り、怒りっぽかった性格が穏やかになり、短気だった人もゆったりと行動できるようになります。(P125)

心の風邪は腸で治す

腸と心の関係を理解しておけば、薬に頼らずとも、軽度のうつくらいは自分で十分に対処できるからです。逆にいえば、こうした対処法がわかっていないと、むくみの悪循環が始まり、うつはどんどんと悪化していきます。「うつは心の風邪」などといいますが、風邪をこじらせ、容易に回復できなくなってしまうかもしれません。気づいていない人が多いのですが、腸のむくみに目を向けず、心の病気に対処しようとするのはとても難しいことなのです。(P126)

冷え性と人生の冷え

少しシビアないい方をすれば、冷え性の人は人生が冷えきっている。体の冷えは「生き方の冷え」にほかならないのです。ただ、そうした「生き方の冷え」は絶対的なものではありません。冷たい性格も同様です。あなたにそうした面があったとしても、体を温めてあげれば心も温まり、もともと持っていた優しさを取り戻すことができるからです。(P132)

自律神経と「うつ」の関係

うつの症状は、「交感神経が低く、副交感神経が極端に高い」ときに現れることが圧倒的に多いのです。車の運転にたとえると、それは「アクセルを踏んでもスピードが出ず、ブレーキばかりが異常に利きやすい状態」です。これでは思うように運転ができず、下手をしたら事故(=うつ病)を起こすことになるでしょう。メンタル面でも、自律神経のバランスはとても重要なこと。うつの発症は、自律神経の働きと密接な関係があるのです。(P150)

自律神経と幸せ

自律神経のバランスがいい人の特徴は、見た目も若々しくイキイキしていて、何よりも人当たりがとてもよいところにあります。私は「自律神経のバランスはまわりの人に伝染する」といういい方をしていますが、自律神経が整ってくると、職場の仲間、家族、友人など、自分を取り巻く人間関係も安定し、一人ひとりが皆、ハッピーになっていくのです。(P151)

便秘解消&快便に改善の読書「人生を決めるのは脳が1割、腸が9割!」(5/6)」へ続きます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
便秘が解消し、快便に改善するための、快便太郎の体験的記事です。あなたの腸と健康のためにお読み頂けると有難いです。

便秘解消、気分上昇、快便スッキリ、心爽快

便秘と鬱、快便ハイ、腸と気分(心)の深すぎる関係

快便は最高の解毒、心と体の解毒(デトックス)です。

便意のある便秘、便意の無い便秘、便秘と便意の微妙な関係

便秘も下痢も解決!!ベストな腸を作るベストな方法

便秘の深い原因は、「大便」を無視したい心理だった

便秘解消のベスト商品一覧。当サイトのおすすめです

便秘解消の救世主「カイテキオリゴ」が我が家にきました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
便秘解消と快便に改善するために、快便太郎が選びに選んだ二つの製品です。あなたの腸と健康のためにお読み頂けると有難いです。


私を便秘解消に導いてくれたカイテキオリゴです。お困りの方は一度お試し下さい、おすすめです。

乳酸菌(ec-12) トライアル
ヨーグルト100個分、一兆個の乳酸菌"EC-12"で、腸は甦ります!

同じカテゴリー「便秘解消&快便に改善する本など」の一覧

ELL89_momijinotex1322500

便秘解消&快便に改善の読書「腸内細菌と共に生きる」(8/8)

日本人に多発してきた花粉症やアトピー性皮膚炎、気管支喘息などのアレルギー性疾患や2000年頃から急増したうつ病などの病気も、この日本の「無菌化」と密接な関係を持っていたのです。

記事の続きを読む
a0960_005353

便秘解消&快便に改善の読書「腸内細菌と共に生きる」(6/8)

他人の便から抽出した腸内細菌を患者さんのお腹に入れ、腸内細菌の数やバランスを一気に変えてしまう治療法。この方法で痩せた人の腸内細菌を入れると太った人でも痩せはじめる・・・・

記事の続きを読む
a0960_006194

便秘解消&快便に改善の読書「腸内細菌と共に生きる」(7/8)

面倒見の良い母親に育てられた子ネズミは、そうでない子ネズミに比べて優しく、母親になっても面倒見が良いことなどもわかっています。愛情や慈しみ、あるいは、もう少し広い意味で捉えた「愛を育む環境」が、遺伝子の発現に影響を及ぼしているということでしょう。

記事の続きを読む
a1180_016613

便秘解消&快便に改善の読書「腸内細菌と共に生きる」(5/8)

「賢さ」は、生まれた初期の段階に腸内に褄む細菌である程度きまってしまいます。免疫や健康だけでなく頭の良さも、菌との共生がカギを握っているのです。日常で土壌菌などとふれあうことで、自然と脳も発育していくのです。

記事の続きを読む
a0960_005248

便秘解消&快便に改善の読書「腸内細菌と共に生きる」(4/8)

地球上に生命体が誕生して約38億年。人類の誕生から600~700万年。これに対し、近代医学が興り、抗生物質やワクチンが使われるようになったのは、たかだかこの100年ほどのことです。

記事の続きを読む

人気記事ランキング

快便太郎のプロフィール

「快便クラブ」の快便太郎です。以前は便秘太郎でした。徹底的に情報を集めて、今では日々快便となることができました。快便になると、スタミナがつき、風邪をひかなくなり、日々爽快な気分になりました。そんな私の便秘解消&快腸快便ノウハウをご紹介します。

プロフィールの続きを読む

Copyright© 2018 [快便クラブ] 便秘解消! ダイエット! 老化防止! 解毒! 快便への改善情報!!

ページトップ