MENU

便秘解消&快便に改善の読書「腸内細菌と共に生きる」(2/8)

この記事は「便秘解消&快便に改善の読書「腸内細菌と共に生きる」(1/8)」の続きになります。

ご機嫌な表紙ですので、藤田先生と腸内細菌が遊んでいるイラストの本の表紙を貼っておきます。
腸内細菌と生きる

内容は更にディープになっていきます。「消化器官は体の外部」という記述が生物の教科書に出てきます。馴染みにくい考え方ですが、とても重要な感が方です。腸も体の外で、腸壁が体のゲートです。腸内細菌は門番のような存在です。そして、腸内細菌の役割に入っていきます。

腸は体の外

腸内細肭が休内に住み着いているように思ってしまいますが、そこは腸という一本の竹なので、厳密に言えば内部ではないのです。腸内細菌の大部分は小腸の表面に付着しています。棲み着いている菌たちからすれば、内部であろうと外部であろうと関係はありませんが、体内に取り込まれてしまっているわけではありません。(P19)

ミトコンドリアと腸内細菌

ミトコンドリアは共生していたはずがいつの間にか一つの器官になってしまいましたが、腸内細菌はあくまでも異物のまま。それが全身にぎっしり付着しているイメLンで、とりわけ湯に集中しています。要するに、進化すればするほど異物の関与が強くなった、そのように共生の意味が変わっていったわけです。(P19)

腸内細菌に頼る消化

ヒトを含めた宿主には消化する力が備わってはいますが、自前の消化力だけで栄養を十分に取り込めないため腸内細菌に頼らなくてはなりません。消化(腸)がぜん動さえすれば、食べ物が分解され、吸収できるわけではありません。初めから異物との共生ありきで消化の仕組みが作られているのです。(P19)

食物繊維と腸内細菌

食物繊維は消化できないと言われていますが、その一部は腸内細菌によって分解され、エネルギー源として利用されます。また、エネルギー源にならないものも消化を助け、毒素を排出させるなどして腸内の免疫の働きにも寄与しています。繰り返しますが、腸という器官が単独で消化や免疫を担っているわけではないのです。免疫は腸で70%が作られていることは確かですが、「共生」によって成り立っている要素がとても大きいことを知るべきでしょう。(P30)

1000兆個の腸内細菌

腸内細菌はものすごく種類が多く、ここ数年の研究で、3万種類は存在すると言われるようになりました。これまで腸内細菌は100種類・100兆個ほどだと考えられてきましたが、これは培養できる菌だけを対象にしたものでした。遺伝子検査でわかるようになってきたら、その数が3万種類・1000兆個以上というふうに変わってきています。それらのほとんどが培養できない菌ですから、何をやっているのかわかりません(P31)

腸に40億年前の生物が住む

悪玉菌、善玉菌の働きは昔から言われているのでわかっていますが、腸内の大部分は日和見菌でまだ全然働きがわからないのです。いずれにせよ、このものすごい数の菌たちの関わりを想起したら、免疫や消化の概念が変わってくるのは当然ですし、腸は40億年前の地球上の生物の姿を映し出しています。その働きの総和で我々は生かされているのです。たとえば、生物が最初に生まれたのは海の底だと言われていますが、赤ちゃんが生まれたのも、胎内という海の底です。「個体発生は系統発生を繰り返す」という、ドイツの生物学者ヘッケルの有名な言葉の通り、地球上で起きたことが湯のなかでも繰り返されているのです。40億年前の生物の進化の過程を見ることが、自分のお腹の中でできるのですから不思議としか言いようがありません。(P31)

免疫力と腸内細菌

免疫力を高めるというという言い方をしますが、それは腸内細菌が多いということと重なり合います。免疫システムとか、消化のシステムとか、個別に調べていくことに意味がないとまでは言えませんが、そうした内部システムより、ほとんどは外部から来た共生菌が重要な働きをしていて、その力のほうが大きいのです。それが、健康増進のために腸内細菌を増やす、体にいい働きをする善玉菌を増やすということが大事だという話につながってくるわけです。(P33)

便秘解消&快便に改善の読書「腸内細菌と共に生きる」(3/8)に続きます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
便秘が解消し、快便に改善するための、快便太郎の体験的記事です。あなたの腸と健康のためにお読み頂けると有難いです。

便秘解消、気分上昇、快便スッキリ、心爽快

便秘と鬱、快便ハイ、腸と気分(心)の深すぎる関係

快便は最高の解毒、心と体の解毒(デトックス)です。

便意のある便秘、便意の無い便秘、便秘と便意の微妙な関係

便秘も下痢も解決!!ベストな腸を作るベストな方法

便秘の深い原因は、「大便」を無視したい心理だった

便秘解消のベスト商品一覧。当サイトのおすすめです

便秘解消の救世主「カイテキオリゴ」が我が家にきました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
便秘解消と快便に改善するために、快便太郎が選びに選んだ二つの製品です。あなたの腸と健康のためにお読み頂けると有難いです。


私を便秘解消に導いてくれたカイテキオリゴです。お困りの方は一度お試し下さい、おすすめです。

乳酸菌(ec-12) トライアル
ヨーグルト100個分、一兆個の乳酸菌"EC-12"で、腸は甦ります!

同じカテゴリー「便秘解消&快便に改善する本など」の一覧

ELL89_momijinotex1322500

便秘解消&快便に改善の読書「腸内細菌と共に生きる」(8/8)

日本人に多発してきた花粉症やアトピー性皮膚炎、気管支喘息などのアレルギー性疾患や2000年頃から急増したうつ病などの病気も、この日本の「無菌化」と密接な関係を持っていたのです。

記事の続きを読む
a0960_005353

便秘解消&快便に改善の読書「腸内細菌と共に生きる」(6/8)

他人の便から抽出した腸内細菌を患者さんのお腹に入れ、腸内細菌の数やバランスを一気に変えてしまう治療法。この方法で痩せた人の腸内細菌を入れると太った人でも痩せはじめる・・・・

記事の続きを読む
a0960_006194

便秘解消&快便に改善の読書「腸内細菌と共に生きる」(7/8)

面倒見の良い母親に育てられた子ネズミは、そうでない子ネズミに比べて優しく、母親になっても面倒見が良いことなどもわかっています。愛情や慈しみ、あるいは、もう少し広い意味で捉えた「愛を育む環境」が、遺伝子の発現に影響を及ぼしているということでしょう。

記事の続きを読む
a1180_016613

便秘解消&快便に改善の読書「腸内細菌と共に生きる」(5/8)

「賢さ」は、生まれた初期の段階に腸内に褄む細菌である程度きまってしまいます。免疫や健康だけでなく頭の良さも、菌との共生がカギを握っているのです。日常で土壌菌などとふれあうことで、自然と脳も発育していくのです。

記事の続きを読む
a0960_005248

便秘解消&快便に改善の読書「腸内細菌と共に生きる」(4/8)

地球上に生命体が誕生して約38億年。人類の誕生から600~700万年。これに対し、近代医学が興り、抗生物質やワクチンが使われるようになったのは、たかだかこの100年ほどのことです。

記事の続きを読む

人気記事ランキング

快便太郎のプロフィール

「快便クラブ」の快便太郎です。以前は便秘太郎でした。徹底的に情報を集めて、今では日々快便となることができました。快便になると、スタミナがつき、風邪をひかなくなり、日々爽快な気分になりました。そんな私の便秘解消&快腸快便ノウハウをご紹介します。

プロフィールの続きを読む

Copyright© 2018 [快便クラブ] 便秘解消! ダイエット! 老化防止! 解毒! 快便への改善情報!!

ページトップ