MENU
[快便クラブ] 便秘解消! ダイエット! 老化防止! 解毒! 快便への改善情報!! TOP  >  便秘解消&快便に改善する本など  >  カイチュウ博士の腸内細菌話。「過剰な清潔が健康を害する」

カイチュウ博士の腸内細菌話。「過剰な清潔が健康を害する」

このサイトで、本も紹介している、カイチュウ博士こと、藤田紘一郎博士の話がYutubeにありました。6分ほどの話ですが、面白かったので、このサイトで取り上げます。話も面白しいけど、博士のお元気な様子にビックリです!!博士の75歳くらいの時のインタビューですが、現役バリバリの感じです。腸内細菌の研究者が元気なのは、とっても説得力があります。健康と直結している研究ですから。
話の内容も私達が、現代社会で見失ったものを見据えていらっしゃる感じです。以下に、ざっと要点をメモ的にまとめましたが、ぜひ、実際にYutubeを見て下さいね。映像の説得力は強いです。

https://www.youtube.com/watch?v=ltAyyfz-93cから
腸内環境 腸内細菌の役割 医学博士 藤田紘一郎先生

==================================
アナウンサー:腸内では善玉菌と悪玉菌が日夜争いをしているのですか?

藤田先生: 善玉菌、悪玉菌、日和見菌はそれぞれが個々の仕事をしている訳ではなく、全体のチームワークでバランスをとりながら仕事をしている。悪玉菌がいないと善玉菌は働かない。

野菜を食べて、セルロースが入ってくる、我々の体にはセルロースを分解する酵素は持っていなけど、腸内細菌がもっていて、セルロースを分解して、免疫を刺激し、ビタミンを合成し、アミノ酸を作る。私達が自分だけで栄養素をとろうとしているというなは、大間違い。腸内細菌がいないといけない。うまくビタミンを合成したり、アミノ酸を作るには、善玉菌、悪玉菌、日和見菌のバランスが必要。腸内細菌がいないとビタミンを合成し、アミノ酸を作る事はできない。

アナウンサー:腸内細菌がいないと私達は生きていけなのですか?

藤田先生: 生まれつきのアトピーのひどい子供たちの便を調べると、その40%の子供達は大著菌も腸内細菌もいなかった。その結果、免疫機能が落ちる。精神的にも、変な人間ができる。

悪玉菌と言われる大腸菌でさえ良い事をしている。例えば「O157」が侵入してくると追い出す。番兵のような役割をしている。バランスよく腸内細菌がいる事で健康が守れる。

動物は皆この事を知っている。例えばシロアリ。木の繊維を食べるが、シロアリは木の繊維を消化する事ができない。シロアリのお腹にいる腸内細菌が木の繊維を消化して、栄養素をシロアリに供給している。パンダは生まれたら、必ずお母さんのウンチをなめて、同じ腸内細菌にして、笹の葉を消化できるようにする。

コアラもユウカリを無毒化する酵素をもっていない、コアラの腸内細菌がもっている。動物の世界は、腸内細菌を上手に入れようとしている。人だけがばい菌は悪いとしている。鶏は餌をついばむ時に土も一緒に食べている。豚もきたない餌を食べている。土壌菌が良いという事なんです。土壌菌が腸内細菌の一部になるし、腸内細菌を活発化する。

人間も細菌からだんだん進化して、霊長類になって、人間になったのですが、いきなり人間になった訳ではない。長い生物の歴史を経て人間になってきている。食生活も急に変わってはいけない。きれいなものを食べるようになったのは最近の人間だけ。昔の人間は落ちたものを食べていたし、不潔なものを食べていた。しかし、今はきれいなものしか食べない、その結果、腸内細菌も減ってくるし、免疫力も落ちてくるし、ビタミンも不足してくる。
=====================================

改めて、快便太郎の感想です。数億年もの生物の歴史からすると、現代の清潔感溢れる生活は、いきなり変わった習慣で、清潔すぎる事が健康を害しているというお話でした。数億年の大きな視野の中で、自分の食生活や健康を考える事が、本質的な答をだす上で必要な事だと、改めて感じました。藤田博士、素晴らしい話をありがとうございます。今後も藤田博士の本などをこのサイトで紹介していきたいと考えています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
便秘が解消し、快便に改善するための、快便太郎の体験的記事です。あなたの腸と健康のためにお読み頂けると有難いです。

便秘解消、気分上昇、快便スッキリ、心爽快

便秘と鬱、快便ハイ、腸と気分(心)の深すぎる関係

快便は最高の解毒、心と体の解毒(デトックス)です。

便意のある便秘、便意の無い便秘、便秘と便意の微妙な関係

便秘も下痢も解決!!ベストな腸を作るベストな方法

便秘の深い原因は、「大便」を無視したい心理だった

便秘解消のベスト商品一覧。当サイトのおすすめです

便秘解消の救世主「カイテキオリゴ」が我が家にきました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
便秘解消と快便に改善するために、快便太郎が選びに選んだ二つの製品です。あなたの腸と健康のためにお読み頂けると有難いです。


私を便秘解消に導いてくれたカイテキオリゴです。お困りの方は一度お試し下さい、おすすめです。

乳酸菌(ec-12) トライアル
ヨーグルト100個分、一兆個の乳酸菌"EC-12"で、腸は甦ります!

同じカテゴリー「便秘解消&快便に改善する本など」の一覧

ELL89_momijinotex1322500

便秘解消&快便に改善の読書「腸内細菌と共に生きる」(8/8)

日本人に多発してきた花粉症やアトピー性皮膚炎、気管支喘息などのアレルギー性疾患や2000年頃から急増したうつ病などの病気も、この日本の「無菌化」と密接な関係を持っていたのです。

記事の続きを読む
a0960_005353

便秘解消&快便に改善の読書「腸内細菌と共に生きる」(6/8)

他人の便から抽出した腸内細菌を患者さんのお腹に入れ、腸内細菌の数やバランスを一気に変えてしまう治療法。この方法で痩せた人の腸内細菌を入れると太った人でも痩せはじめる・・・・

記事の続きを読む
a0960_006194

便秘解消&快便に改善の読書「腸内細菌と共に生きる」(7/8)

面倒見の良い母親に育てられた子ネズミは、そうでない子ネズミに比べて優しく、母親になっても面倒見が良いことなどもわかっています。愛情や慈しみ、あるいは、もう少し広い意味で捉えた「愛を育む環境」が、遺伝子の発現に影響を及ぼしているということでしょう。

記事の続きを読む
a1180_016613

便秘解消&快便に改善の読書「腸内細菌と共に生きる」(5/8)

「賢さ」は、生まれた初期の段階に腸内に褄む細菌である程度きまってしまいます。免疫や健康だけでなく頭の良さも、菌との共生がカギを握っているのです。日常で土壌菌などとふれあうことで、自然と脳も発育していくのです。

記事の続きを読む
a0960_005248

便秘解消&快便に改善の読書「腸内細菌と共に生きる」(4/8)

地球上に生命体が誕生して約38億年。人類の誕生から600~700万年。これに対し、近代医学が興り、抗生物質やワクチンが使われるようになったのは、たかだかこの100年ほどのことです。

記事の続きを読む

人気記事ランキング

快便太郎のプロフィール

「快便クラブ」の快便太郎です。以前は便秘太郎でした。徹底的に情報を集めて、今では日々快便となることができました。快便になると、スタミナがつき、風邪をひかなくなり、日々爽快な気分になりました。そんな私の便秘解消&快腸快便ノウハウをご紹介します。

プロフィールの続きを読む

Copyright© 2018 [快便クラブ] 便秘解消! ダイエット! 老化防止! 解毒! 快便への改善情報!!

ページトップ