MENU

便秘解消体術①、便意を呼び込む「うんこ座り」と「いきみ」

便意を呼び込む

私、快便太郎は、朝食を食べた後、ひげを剃ったりしながら、便意の訪れを待つのが朝の日課です。しかし、便意の訪れが遅い時があります。そんな時は、「うんこ座り(ヤンキー座り)」をして、おなかを息でふくらまし、肛門方向に軽く瞬間「いきみ」ます。便意は高い確立で訪れます。

便秘でお悩みの方はぜひ取り入れてみて下さい。この私の方法は日々の生活の中で編み出したものですが、うんこ座りが便意を呼び込む事、を体験している方は多いのではないでしょうか?何故なら、「うんこ座り」は私達、日本人が長い間、和式のトイレの中でとってきた排便姿勢だからです。

和式と洋式のトイレ

洋式のトイレが一般的になってきたのは、この30年から40年くらいの間です。それ以前は和式のトイレで大便をしてきました。しゃがみこんだ姿勢の「うんこ座り」で用を足してきた年月は、数百年、いや、数千年、数万年以上でしょうか?はるか昔からとってきた排便姿勢が和式の座り込み姿勢、通称、「うんこ座り(ヤンキー座り)」です。

この30年から40年くらいで、洋式トイレが一般的になりましたが、最適な排便ポーズは変わる事はないのでしょう。大切なポイントは、深く腰を落とした状態の時、大腸から肛門の位置、排便に適した状態を生み出します。

この姿勢を作って、肛門に向かって、大便を押し出すように、いきむ事で、便意が促される感じがします。この「うんこ座り」と「いきみ」は、腹筋と大腿部を使いますので、ある程度は日常的に運動をする必要があります。私は早足で歩いたりして、基本的な体力を落とさないようにしています。

軽い「いきみ」と腹式呼吸

「いきみ」も最初は練習が必要かもしれません。お腹を膨らますような呼吸が基本です。内臓の筋肉の使い方にコツが必要ですので、普段から腹式呼吸を取り入れて、お腹の感覚を磨いておくとやりやすいと思います。強い「いきみ」は体への負担が大きいので良くありません。軽い瞬間的な「いきみ」です。便意が訪れないのであれば、腸内環境を良くする事が先決です。ぜひ、このサイトの「おすすめ」を参考にして下さいネ。

参考書籍

今回の記事は自分の体験を書きましたが、以下の本も参考にしました。山名哲郎医師の著作「スーパー便秘に克つ」と水上健医師の著作「女はつまる 男はくだる」それぞれを少し抜粋します。

まずは、「スーパー便秘に克つ」のP93の「正しい排便姿勢」からです。
スムーズに排便するために、意外に大事なのが排便のときの姿勢です。最近は家や外出先でも洋式トイレで排便する人がほとんどだと思います。あなたは、便座にどんな姿勢で座っているでしょうか。便を出そうとして腹部に力を入れ、のけぞったり、背を伸ばして座ったりしていませんか。
 直腸から肛門へ、すっと便を出すためには、ロダンの「考える人」のようなポ―ズをとるのがポイントです。私たちの直腸から肛門までの直腸肛門角は、普段は90度になっていて、肛門が閉じています。だから、簡単には便が漏れないようになっているわけですが、排便するときに前かがみになると直腸肛門角が少し開いてきて便が出やすくなります。
 「考える入」の姿勢は、骨盤底筋を緩める姿勢です。和式の便座を使っている方は目然とこの姿勢になるはずです。この姿勢をとると、肛門の辺りに力を入れようと思っても入りにくいものです。肛門の辺りに力を入れて出そうとしても逆効果なので、変な力を入れて肛門を締めないように注意しましょう。
 このとき、かかとは軽く上げたほうが、いざというとき腹筋に力が入りやすくなります。これですっと便が出社はOKですが、少し力を入れないと出ないときには、わき腹の筋肉を使います。わき腹の筋肉とは、腰に手を当て、咳をしたときに勣くところです。下腹の辺りに両手を当て、前かがみになって軽くわき腹に力を入れながら軽く深呼吸を繰り返してみましょう。いきむのは数秒で、決してそれ以上続けていきまないようにしてください。それでも出ないときはティッシュを囗と鼻にあてで軽く深呼吸をしてみてください。そうすると自然と便意を催してくることがあります。

重要なので、長文を抜粋しました。この「スーパー便秘に克つ」の表紙は、ロダンの「考える人」のポ―ズで便座に座る女性のイラストです。このポーズが大事なポイントです。

ダウンロード

次に「女はつまる 男はくだる」のP52の「日本人のお尻の問題」という章からです。

これは欧米人と日本人との、大きな違いです。 欧米人の体は、洋式トイレに座った状態の肛門直腸角でも、ロックが解除してすっきり排便できるようです。 しかし、多くの日本人の体にとっては、和式トイレにかがんだ状態、つまり、さらに深く腰を曲げた状態が最適の排便姿勢なのです。 たとえば、おまるだとちゃんと排便できていた子が、大人の洋式トイレになると便秘になる揚合があります。これは、便をする姿勢の変化によるもののようです。
 大腸の病気でも何でもないのに便が細く、出きった感じがしないことが多い人も、このタイプの便秘である可能性があります。本来、お尻のロックがゆるめば、ほとんど力を入れなくても立派な便が出るはずです。それが洋式トイレに座り、お尻のロックがゆるみきっていない状態で無理やりねじり出寸ために、細い便になってしまうのです。

また、「女はつまる 男はくだる」では、洋式トイレにお風呂用の椅子を常備して、この椅子に足をのせる事で、お腹の角度を鋭角にする事もアドバイスしています。本の表紙はこんな感じです。

ダウンロード (1)

お二人とも、日々、便秘と向き合っているお医者さんです。非常に細かい適切な指摘だと感じました。参考にして下さいね。そして、ぜひお二人の本をお読み下さい。必ず参考になる事だらけですよ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
便秘が解消し、快便に改善するための、快便太郎の体験的記事です。あなたの腸と健康のためにお読み頂けると有難いです。

便秘解消、気分上昇、快便スッキリ、心爽快

便秘と鬱、快便ハイ、腸と気分(心)の深すぎる関係

快便は最高の解毒、心と体の解毒(デトックス)です。

便意のある便秘、便意の無い便秘、便秘と便意の微妙な関係

便秘も下痢も解決!!ベストな腸を作るベストな方法

便秘の深い原因は、「大便」を無視したい心理だった

便秘解消のベスト商品一覧。当サイトのおすすめです

便秘解消の救世主「カイテキオリゴ」が我が家にきました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
便秘解消と快便に改善するために、快便太郎が選びに選んだ二つの製品です。あなたの腸と健康のためにお読み頂けると有難いです。


私を便秘解消に導いてくれたカイテキオリゴです。お困りの方は一度お試し下さい、おすすめです。

乳酸菌(ec-12) トライアル
ヨーグルト100個分、一兆個の乳酸菌"EC-12"で、腸は甦ります!

同じカテゴリー「便秘解消&快便に改善する本など」の一覧

ELL89_momijinotex1322500

便秘解消&快便に改善の読書「腸内細菌と共に生きる」(8/8)

日本人に多発してきた花粉症やアトピー性皮膚炎、気管支喘息などのアレルギー性疾患や2000年頃から急増したうつ病などの病気も、この日本の「無菌化」と密接な関係を持っていたのです。

記事の続きを読む
a0960_005353

便秘解消&快便に改善の読書「腸内細菌と共に生きる」(6/8)

他人の便から抽出した腸内細菌を患者さんのお腹に入れ、腸内細菌の数やバランスを一気に変えてしまう治療法。この方法で痩せた人の腸内細菌を入れると太った人でも痩せはじめる・・・・

記事の続きを読む
a0960_006194

便秘解消&快便に改善の読書「腸内細菌と共に生きる」(7/8)

面倒見の良い母親に育てられた子ネズミは、そうでない子ネズミに比べて優しく、母親になっても面倒見が良いことなどもわかっています。愛情や慈しみ、あるいは、もう少し広い意味で捉えた「愛を育む環境」が、遺伝子の発現に影響を及ぼしているということでしょう。

記事の続きを読む
a1180_016613

便秘解消&快便に改善の読書「腸内細菌と共に生きる」(5/8)

「賢さ」は、生まれた初期の段階に腸内に褄む細菌である程度きまってしまいます。免疫や健康だけでなく頭の良さも、菌との共生がカギを握っているのです。日常で土壌菌などとふれあうことで、自然と脳も発育していくのです。

記事の続きを読む
a0960_005248

便秘解消&快便に改善の読書「腸内細菌と共に生きる」(4/8)

地球上に生命体が誕生して約38億年。人類の誕生から600~700万年。これに対し、近代医学が興り、抗生物質やワクチンが使われるようになったのは、たかだかこの100年ほどのことです。

記事の続きを読む

人気記事ランキング

快便太郎のプロフィール

「快便クラブ」の快便太郎です。以前は便秘太郎でした。徹底的に情報を集めて、今では日々快便となることができました。快便になると、スタミナがつき、風邪をひかなくなり、日々爽快な気分になりました。そんな私の便秘解消&快腸快便ノウハウをご紹介します。

プロフィールの続きを読む

Copyright© 2018 [快便クラブ] 便秘解消! ダイエット! 老化防止! 解毒! 快便への改善情報!!

ページトップ